YouTubeの猫パンチ動画集

猫パンチとは

nekopunch.jpg
【猫パンチ(ねこぱんち)】

猫の必殺技、猫パンチ。

 

猫同士がじゃれあってる時や興味のあるものに対してちょっかいを出す時などによく見られます。
猫パンチは、前足で相手の顔面を叩きます。

 

もともとは、アメリカ人俳優のミッキー・ロークがボクシングに挑戦した際、猫がなでるようなパンチしか出せず、その時のスポーツ新聞に「猫パンチ」と表記されたことが語源(?)

 

でも、本気のケンカの時は、爪を出してパンチされるので猫パンチもあなどれません。

 

 

【猫キック(ねこきっく】

猫パンチ同様、猫の攻撃技のひとつ。
猫キックは、獲物(ねずみなど)を前足で押さえつけ、噛みついて後ろ足でケリケリするちょっと過激な攻撃。

 

我が家の猫も遊んでいてだんだん興奮してくると人の手を前足で押さえ後ろ足でケリケリされてかなり痛い目にあうことも。

猫パンチとは記事一覧

猫を飼うときの選び方

【初心者でも安心して飼える種類】初めて猫を飼うときにはできるだけ穏やかな性格の猫から飼い始めましょう。気性の激しい猫だと猫に対する愛情が薄れてしまいます。なんでも、最初の印象が大事ですから・・・◆ヒマラヤン毛種:長毛種原産国:イギリス目の色:青・初心者でも、毛の手入れができれば飼い易い長毛種の猫。性...

≫続きを読む

猫のことわざ

◆あわびを食べると耳が落ちる貝類、特にあわびの内臓には海藻などの未消化物が残っているのでこれが太陽にされされると光化学反応により毒素が作られます。この毒素が猫の体内に入ると猫は日光に対して過敏になり耳の先端などの皮膚の薄い部分が炎症をおこします。ひどくなるとその部分が脱落してしまうということで言われ...

≫続きを読む

なぜ猫はねこパンチをするのか

ネコ科の動物は狩猟動物です。猫の行動学によれば、猫は動く小さなものに狩猟本能が刺激されます。ネコの子育てでは、母ネコは仔猫が自分で餌をとって自立するように、母ネコは、自分のシッポの先を左右に動かして、子猫にじゃれさせます。母ネコは仔猫を遊ばせながら、動くものに対して機敏に反応することを仔猫に教えます...

≫続きを読む

日本文学にみる猫の歴史

清少納言は枕草子の中で「猫は背中だけ黒くて、腹の部分がたいそう白いのが良い」と記しています。清少納言は、白地に黒ぶちのある「ニ毛猫」が好きだったようです。平安時代の絵画に登場するほとんどの猫は清少納言が愛した「ニ毛猫」がほとんどです。白地のぶちは、白斑遺伝子はが発現させるので猫の先祖であるヤマネコに...

≫続きを読む

猫は化けて祟るのか?

西洋のことわざに「猫に九生あり」というものがあります。これは、魔女の暗黒世界のイメージに重ねたものでしょう。日本では、「猫を殺せば七代祟る」といわれ、大事にされてきました。江戸時代の川柳で「犬でない証拠に灸をすえる」というものがあります。これは、三味線の製造過程を表現したものです。日本で猫の悲劇と言...

≫続きを読む

西洋の猫の歴史

西洋での猫の歴史は、悲しいほどに虐待と愛護の歴史です。猫の迫害は古く、7世紀に始まります。14世紀になるとフランスやイギリスで猫が病気の原因とされ、火あぶりや皆殺しにされました。15世紀には、カトリック教会が猫を異教信仰や魔術のシンボルとし、迫害を決定付けました。中でも、黒猫は魔女の化身とされ、魔女...

≫続きを読む

ダーウィンと猫の尻尾

世界的に有名な19世紀のイギリスの博物学者チャールズ・ダーウィンは「人間及動物の表情」という著書の中で、犬と猫の感情表現の方法が正反対であると記されています。犬は嬉しいときに尻尾を横に振ります。それも付け根から大きく動かします。猫は、嬉しいときには尻尾を垂直に立てます。尻尾を振るのは、むしろ不満や不...

≫続きを読む

猫の気質 毛色や模様で判断する

猫の気質は、野生型の被毛から離れれば離れるほど繊細で癖が目立つようになります。原種であるヤマネコから変異を重ねてその分、気質も変化に富んでいると思って良いと思います。もちろん、気質は育った環境によっても違いますが毛色や模様、猫の種類など猫の気質を探る手がかりになると思います。◆白日本人が好む色です。...

≫続きを読む